令和4年8月7日(日)夏のボランティア体験プログラムに申し込みをした小学生とその保護者14名が玉敷神社で紫陽花の花切りを実施しました。

 

 紫陽花の花切りは、あじさいロードの会の皆様が毎年実施していますが、今年は夏のボランティア体験プログラムで参加者を募集し、共同で行いました。

 

 花が最盛期となる6月中旬には色鮮やかな紫陽花が咲き誇りますが、この時期に花切りを実施することによって、秋から冬にかけてもう一度咲くようになるとのこと。

 参加者からは「花切りをした花が咲くころに、また見にきたい。」と、期待を膨らませていました。
MX-5171_20220106_113831_0001

MX-5171_20220106_113831_0001