トピックス

トピックス

福祉教育講座『ブラインドサッカー』を実施しました(大利根支所)

1月28日(木)加須市元和小学校において4年生から6年生を対象に、福祉教育の一環として『ブラインドサッカー体験』を行いました。ブラインドサッカーとは、視覚障害者のために開発されたサッカーで視力差による不公平が生じないようにプレーヤー全員がアイマスクを着用し、鈴の入った音の出るボールを使います。当日は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会より講師として山本選手、渡邊選手が来てくれました。

CIMG0098

視覚障がいとはどういうものか、ブラインドサッカーの概要についての講話後、子どもたちは実際にアイマスクをして走ったり、音の出るボールを使ってパス練習を体験しました。

CIMG0116     CIMG0110

ブラインドサッカーの楽しさとともに、目の不自由な方へ言葉で伝える難しさ、コミュニケーションの大切さについて学ぶことができたようです。

 

大利根支所

 

 

親子ふれあい事業

ゆかいなコンサート【歌のお姉さんとマジシャンのショー】

日時  平成28年1月9日(土)開場10時30分。開演11時~

場所  パストラルかぞ小ホール

参加費 無料

親子コンサートポスター

盲導犬体験講座を行いました(北川辺西小学校)

12月3日(木)加須市立北川辺西小学校において4年生を対象に、福祉教育の一環として、

盲導犬体験講座を行いました。

当日は、東日本盲導犬協会より盲導犬訓練士の方と盲導犬になるため訓練をしている

ピリカちゃんが来てくれました。

 

IMG_7435

視覚障がいについて学び、盲導犬がどんな仕事をするのか、どんな訓練をしているのかなど、

たくさんのことを教えてもらいました。その後質問コーナーでは、子どもたちから

「どんな犬が盲導犬になるのか?」「1回の訓練時間はどのくらいか?」など多くの質問が

出ました。

体験歩行では、実際にピリカちゃんと一緒に歩き、盲導犬と同じように障害物をよけ、

曲がり角もしっかりと教えてくれました。

 

IMG_7438

 

子どもたちは視覚障がいや盲導犬について理解を深めました。

 

 

この事業は子どもたちに福祉について学ぶ機会を設け、福祉の理解を深めることを目的としています。

また、地域の皆様や子どもたちに協力をいただいている赤い羽根共同募金の配分金を活用しております。

 

(北川辺支所)


このページの上部へ